月照無眠

但实际是做些什么,到现在还是不懂……。

インターネットストーキング

自宅の窓から虹とか夕焼けだとか撮影しSNSにアップすることで、そこに写りこんだ建物などから自宅の部屋番号まで特定することができる(からやめておきなさい)、などと言われている。

 

ところで講談社ブルーバックスの『マックスウェルの悪魔』という本のカバーソデに著者都筑卓司氏についての紹介文があるが、

 

国内の写真なら、一目見て何県何市のものであるか即座に当てるのも氏の特技の一つである。

 

とある。

マックスウェルの悪魔』という本は高校生のときに物理の教師のすすめで買って読んだ本なのだが、そんなこと本当に可能なのか? というのは以来ずっと引っかかってたことではある。

 

しかし、都筑氏ほどでなくても、インターネットの地図やストリートビューなどを駆使すれば、何県何市どころか物件名まで知ることができるようなのだ。

 

というわけで試してみた。

実は試しに試してみたくて試したのではなく、あるTwitterアカウントの人がしきりに引越しして良かった的な投稿をするので、どこに住んでるのか本気で知りたくなってしまったからなのだが。

 

容易だった。

でもTwitterのテキストだけ(近所に公園があるとか)では全くわからず。Instagramに頼った。集合住宅の外廊下の写真、室内、公園、自宅から最寄駅の道中と思われる写真、などいろいろと手がかりはあったが、最初は何から手をつけていいかわからなかった。よく見ていくと特徴的な建造物があり、それを文字にして(「茶色いくてツタがからまったビル」みたいな)画像検索したら、当の建造物について触れたぶろぐがあり、それにより最寄駅がわかった。

そこから後は異常に早く、賃貸の集合住宅だからその駅の賃貸情報を見て、Instagramで見てすでに知っている外廊下や室内のデザインと同じ物件を探せばよく、すぐに見つかった。物件名がわかればストリートビューでその建物の周りを回り、窓からの景色の写りこみをヒントにすれば何階のどの窓、というのもわかりそうなところまでいった。

30分かからなかった。

 

Instagramといえば、以前は写真を地図に表示する機能があって、多くの人の自宅所在地を知ることができた。あれは危険だった。

 

インターネットストーキングはじめるとなんか異常に集中してしまい、快感が伴っていると言ってもよいくらいだった。公開していないし、知られては不都合だろうというものをあえて追求するというところにのぞき見趣味というか、全くもって悪趣味でしかないきもちよさがあった。なにかこうアドバンテージを握れるといったようなところに快感があるのかも。弱味を握りたいみたいな。

 

今回私が住所を知ってしまった人とは全然面識もなく、一方的に読んでるだけなのだが、今後万が一実際に交流することになったら、白々しく「どこにお住まいなんですか?」とか聞くだろうなとは思った。

 

 

 

 

 

カメラロール

こないだとある練習会(水泳の)に参加したときに、この練習会についてトゥイートしてる人いるかなと思ってTwitter検索したら、コーチとして参加していた大学生のアカウントを知ることとなった。

その大学水泳部員のコーチはInstagramもやっており、Twitterにリンクしてるからなんとなく見てしまったんだけど、自分や友人の全裸写真ばっかりだった。中には亀頭が(ぼんやりとではあるが)写っているものもあり、インスタに通報されたらアカウント消されるのでわと他人事ながら心配になった。

水泳部の人がスマホで日常を記録するのに、プールサイドまで電話持ってくと濡れて壊れたらやだし、ということで、部活関係で写真撮る機会は自然と更衣室になるのかもしれない。そうなるとなんか楽しげな被写体は必然的に全裸でおどけてる場面となる。

おそらく彼のカメラロールはそういう写真が多くて、日々そういうカメラロールが目に入るとなんとなく感覚がマヒするというか、自分の全裸をインターネットにアップするのもそれほど奇妙なことには思えなくなるのかもしれない。

カメラロールが自分の全裸でいっぱいというのは一般論でいえば相当ナルシスティックとかそういう印象になりそうだけど、かならずしもそうでない場合もあるのかも。

今期ドラマまとめ

-平均-最新-前回比--局・枠--- タイトル----- 
=【15%】====================================== 
14.14|15.4|+4.2P|TBS日21|S-最後の警官- 
12.87|13.9|+1.3P|EX__木21|緊急取調室(終) 
12.85|12.8|+1.0P|NTV水22|明日、ママがいない(終) 
12.11|11.2|-0.2P|CX*月21|失恋ショコラティエ 
12.08|11.5|-1.7P|CX*木22|医龍4~Team Medical Dragon~ 
11.36|11.5|+1.1P|CX*火22|チーム・バチスタ4~螺鈿迷宮~ 
11.29|*9.1|±.0P|NTV土21|戦力外捜査官 
10.14|11.8|+0.5P|CX*水22|僕のいた時間 
=【10%】====================================== 
*9.87|*9.0|-2.0P|TX__金20|三匹のおっさん 
*9.72|*9.1|±.0P|CX*火21|福家警部補の挨拶 
*7.46|*7.8|+1.7P|CX*金20|天誅~闇の仕置人~ 
*7.38|*8.3|-0.5P|TBS月20|隠蔽捜査 
*6.84|*6.9|+1.2P|EX__金23|私の嫌いな探偵(終) 
*6.79|*8.2|+2.0P|TBS木21|Dr.DMAT 
*6.60|*6.5|+1.0P|TBS金22|夜のせんせい 
*5.86|*6.1|-0.7P|CX*土23|ロストデイズ 

 

相変わらず「相棒」ばかり見ている。ここ数年警察ものと医療ものが多すぎる!! しかし数が多ければおもしろい切り口もあるしいいのかも。警察美化とか問題を感じるところもあるのだが。

 

S-最後の警官-

とてもつまらない。向井理てこういう役が合わないと思う。うすっぺらい。

例えば(サッカー選手の)ベッカムが満面の笑みでいるだけでこっちもわろけてくる。向井はそういう仕事をしていれば良い。

問題は向井だけではない。生け捕り縛りの組織NPSと場合によっては犯人を殺すSATの競争(実は最終的にSATを立てると陰謀が)という話なんだけど、視聴者に「こんなやつとっとと殺せよ」と思わせたるために本当にうすっぺらい犯罪者が出てくる(全部がそうというわけじゃないけど)。劇中の犯罪者がどうこうじゃなくて、そういう演出意図丸見えな感じがひどい。

カミセンの人の「SP」もしょうもない話だけどアクションは見応えあった。そういうものとして見ればいいのかも??

 

 

「緊急取調室」

今クール最高の作品だった! 俳優陣も、みんな役柄に合っててすごく魅力的だった。天海祐希の毎回の演技はいちいち思い出して涙ぐむほどである(本当)。滅多に出番のない主人公の娘(杉咲花)ですらキャラクターの造形がしっかりしていてその上演技も完璧であり。

 

 

医龍4~Team Medical Dragon~」

くっそつまんない。荒唐無稽な天才ドクターものでは前クールの「ドクターX ~外科医・大門未知子~」がおもしろかったので落差やばい。「ドクターX」もたいがいバカバカしい雰囲気あった(岸部一徳の役柄においても)のにそれでも手術の緊張感とかがしっかり描かれてたのが、「医龍」の手術シーンの緊張感演出は失敗してる。米倉涼子は卓越した役者なので米倉作品と比べたらだいたい不利なわけだけど。

 

 

チーム・バチスタ4~螺鈿迷宮~」

このシリーズ大好き。いい加減飽きるかなあと思いつつだんだんおもしろくなっていった。安定感ある。

 

 

「戦力外捜査官」

「福家警部補の挨拶」

「隠蔽捜査」

両方ともあんまり熱心には見てなかったんだけど、「戦力外捜査官」は武井咲は魅力的だし役柄としても合ってて楽しめた。一方「福家警部補の挨拶」は主人公(壇れい)のキャラクター造形があんまりしっくりきてない。

今クールも警察・刑事ものばっかりで、「緊急取調室」「戦力外捜査官」「福家警部補」「S」「隠蔽操作」あたりのシリーズじゃない作品はそれぞれ人気のある俳優を起用して仕掛けてきてたわけだけど、天海祐希武井咲はいいキャスティングに思えて作品としてもすんなり作品自体に入れた。「福家」の壇れい、「S」の向井はそのへん成功してないと思う。「隠蔽捜査」は古田新太が出てるので喜劇的なくだらないやつかと思ったら質実剛健の感あり*1

 

 

ほかはそんな見てないので省略。

*1:舞台で実績のある役者が舞台ノリで出てきてファンタジー演出あって喜劇性高いドラマは全部きらい。

ふくらはぎ痛

Wii Fit Uの「ながらジョギング」はじめてやってみた。

 

ながらジョギングはWiiリモコンだけしか使わない。ボードもいらない。弁当箱みたいなGamePadはもちろんいらない。

 

「ながら」なのでテレビもゲームの画面にする必要なく、好きな番組を見てて良い。ミュージカルのDVD見ながら(歌いながら)走っていた。

 

Wiiリモコン歩数計みたいにはたらいてるらしく、たまにリモコンが「いいペースですょ」とかしゃべる。30分のコースだったのでおわると音がしてGamePad見たら6kmとか出た。

 

とりあえずやったんだけど、有酸素運動として汗かけるのはたのしいんだけど、リビングのなんにもないところ(床はクッションフロアです)で靴も履かずに走る真似事をする、というので外やトレッドミルの上を本当に走って進むのとはちがうダメージがあった。ボードも何も使わないんだからそもそもソフトを買ってやる必要があるのかという思いも(最後に距離が出るというたのしさは間違いなくあるけれども)。

 

翌日ふくらがはぎだけがすごくいたくなった。やっぱり靴くらいは履いてやった方がよさそう。

タイムカード

例えば9〜17時が定時だとすると、私有時間が最も侵害されないタイムカード打刻は、9:00出、17:00退となる。

 
これを理想の打刻パターンとして奨励し、1ヶ月継続して成し遂げたらグランドスラムとでも呼んで金も出すべきでわ。

食べ物のうらみ(鍋)


人の家で鍋を囲もうとなっても、例えば14歳くらいのときに友だちの家に呼ばれるとかならその家の流儀に従って進行する鍋をめいめいが器に受けていただくというくらいで、その家の外の者が鍋奉行を買って出るような気安い席にはならない。大学生のときだかに一人暮らし友人の家にあつまって鍋を囲む機会があった。材料の買い出しにスーパーでカートを押しながら何を買うかの時点から、際限のないああでもないこうでもないが繰り返され、船頭多くして船山に上る「協働」がはじまる。食材選び、会計、袋につめる、袋を持つ分担、食材を切る、誰かがイニシアチブをとりそれぞれが身をわきまえて貢献の場面を探し、なんとなく歯車は回る。鍋物には家庭それぞれの味や流儀があり、だからこそその多様な食経験をひとつの鍋に溶かしこめば何が起こるか? 友だちでいつづけるために今夜確認してみようじゃないかと鍋を囲みたがる人がいる。集団のルールは適度な個性の表出とあざやかな妥協であり、その手綱さばきを競い合うのが面倒ならば往々にして共同調理は「がさつ対決」の方向に落ち着くし、がさつに盛り上がるのも秘訣ではある。そもそもさほどがさつではない仲間内ならがさつの度が過ぎる心配は少ないのだし。

その日はすき焼きで、はじめに肉を一枚入れて割り下に香りをつけることには特に異論もなく、あとは準備された野菜などの具材を入れればよさそうだった。ので私が入れた。割り下の沸き具合からしても控えめなくらいだったけど、そのときに「しらたき」まで入れてしまったことがやおら問題になった。曰く「しらたきはスープの味を吸うのではじめに入れてはいけないのは常識ではないか」とのことであり、私はそんな流儀は初耳だったけどその場の誰もがそれを常識として共有しているかのようで、もはや私は無遠慮に禁忌を犯し豚の血を浴びた。。。今にして思えば「しらたき」が味を吸うとかどういう機序なのか事実なのかあやしいものだし、仮に「しらたき」が味を吸うとしてそれが全体としてなぜ不都合なのか釈然としない。ただ「家ではそんなことはしない」という根拠ならその指摘こそが集団のルールに反するが、「しらたきが味を吸う」という科学めく理由付けがその場しのぎの同調すら誘ったのかもしれない。「あーなんてことをしてくれたの」「しらたき一度もどそうか?」と大騒ぎであった。


先日、お仕事上の*1機会で老舗の牛鍋屋に初めて行った。そこのお店は全部仲居さんがやってくれるので見てればいい。仲居さんはじめから「しらたき」入れてた。昔のうらみを思い出した。しかし老舗高級店の権威をたのみに学生時代のうらみを晴らした気持ちになってるという自分のくだらなさに打たれるしかない。でもすき焼きはおいしかった。

*1:接待的な?

日記

綿毛が数えられるほどしか残ってないたんぽぽみたいなのが本の上で動いていて、動いてるから虫のようでもあり不気味だから殺そうとした。ティッシュを手に握りつぶそうとしたらそれはすこし大きくなって、とりわけ巨大化した綿毛の部分が手に当たった。グラスウールの繊維のような細かい棘が手や身体に刺さり、微量の毒も塗られているようですごく痛い。棘を吸い込んでしまったらしく咳も出る。こんな恐ろしい虫がいるのはじめて知ったと思ってインターネットで検索した。エアコンに棲みついているらしく、その季節のはじめにエアコンを使用したときに部屋に舞い、攻撃される人が多いとのこと。エアコンを作動させる前に掃除機を当てて吸えば大丈夫らしい。危険だから家中そうじしようとすぐに家族にも伝えた。
この虫の最も悪質なのはスウェーデンにいるらしく、その虫の名前で検索したYouTubeでは、ショッピングモールの壁を突き破って巨大化しカメラの近くに落下してきた。綿毛(棘)の数も私が見たのの1000倍はある。手のひらに刺さった棘を一本一本抜きながら、最悪の気分でその動画を見た。